2005年09月23日

 

今年高校受験の一人の男がいた。名前をNとしておく。

Nは小学校 いや、幼稚園にいたころから周囲にいじめられ

その責任が自分にあるのだという意識を植え付けられた。

 

中学にあがってからもその意識は変わらず自分がいじめられることが

周りにとっての幸せなのだろうと感じていた。

 

Nはもともとそこそこ成績は良かった。

しかし「慣れ」が「怠慢」を呼び

試験を何回もやるうち、成績は急降下していった。

そして3年になった今

どんな勉強をすればいいのか、何で勉強しなきゃならないのかが分からなくなった。

posted by 船酔い船乗り at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7227210
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。